搜索你想要的: 關鍵字:   
首頁新聞中心 最新資訊中醫學?漢方醫學?東洋醫學?
新聞中心
信息搜索
關鍵字:
范 圍:
 
中醫學?漢方醫學?東洋醫學?
新聞來源:    點擊數:37    更新時間:2019-06-12 16:40:45    收藏此頁

首先,在東洋醫學中所謂的“東洋”指的是全亞洲,是為了和歐洲區別開來而使用的詞語。所以,“東洋醫學”是泛指全亞洲的傳統醫學。而對亞洲地區的傳統醫學產生最大影響的是中國中醫學。原本中醫學被稱為“中國傳統醫學”,是被認為與歐洲孕育的西洋醫學形成對比而產生的詞語。在大航海時代,西洋文化如巨大的浪潮一般涌入東洋。西洋雖然認為當時的東洋并沒有太高度的文明,并把全亞洲一概而論的稱為東洋,但西洋所看到的東亞地區最前端存在著一個擁有不同尋常文化,叫做中國的國家。中國文化對周邊國家產生了巨大的影響,甚至影響到了他國的國家治理政策。在國家治理之際,不可避免的也滲透到了醫療制度和醫療本身。



【本草綱目/本草綱目】


《本草綱目》是中國歷史上本草學集大成的著作。明李時珍著,僅在刊行后的幾年內,初版立即傳入日本,作為本草學的基礎書目給日本的醫學帶來了極大的影響。



【陳皮/陳皮】


《本草綱目》記載,陳皮有三大類作用,一導胸中寒邪;二破滯氣;三益脾胃。



【黃帝內經/黃帝內経】


中國現存最早的醫學典籍。日語中經常使用的“未病”這一詞語,就是起源于《黃帝內經》。



【神農本草經/神農本草経】


中國現存最早的藥物學(本草學)典籍,對各種藥物的性能功效做了系統的記述,對之后中國醫藥學的發展起到了基石的作用。


那么“漢方醫學”是什么呢?在日本,把日本的傳統醫學稱為漢方醫學。嚴格來說,把處方藥物的傳統醫療稱為“漢方醫學”,把用針和灸的治療叫做“針灸醫學”。實際上這些詞語的歷史非常短,大概從江戶末期到明治時代才開始使用。“漢方醫學”這個詞語是因為當時西方醫學主要是從荷蘭傳入的,被稱“蘭方”,為了和“蘭方”相對比,便有了“漢方”。不過,在什么地方、如何變成“漢方”的,卻有多種見解,其真相尚未闡明。但是,當中的“漢”指的是中國,而且是特指漢朝時代的中國。這是因為日本的東洋醫學是以漢朝時代編著的文獻《傷寒論》和《黃帝內經》等為基礎建立起的醫學,同時也是為了表達對其的敬意。特別是《傷寒論》,在日本被稱為經典中的經典。



“醫圣”張仲景將中國自古相傳的醫學知識和自身的經驗結合起來,撰寫了《傷寒雜病論》(該書后來又被分成《傷寒論》和《金匱要略》兩本書)。其中《傷寒論》在日本被稱為是經典中的經典。上圖為位于北京中醫藥大學的張仲景雕像。



【傷寒論/傷寒論】


東漢張仲景所著漢醫經典著作,是一部闡述外感病治療規律的專著。



【甘草/甘草】


甘草作為上品草藥收錄于《神農本草經》中,具有緩和止痛,調和藥性的功能。在日本銷售的中藥里,有7成都含有甘草成分。


中醫學的傳播


日本和中國的交流歷史從現存文獻中可遠溯到中國后漢末期的三國時代,實際上始于1800多年前。但在當時,和對周邊國家影響力甚大的中國相比,日本作為國家的機能還不夠完善,所以真正意義上的交流應該說是在又過了400多年之后才開始的。即便在那時,也只是日本單向向中國學習,主要是以學習國家制度為主,當然也包括科學和技術,這就是后人所稱的遣隋使、遣唐使。隋唐時期的中國對日本國家的建設產生了較大的影響,許多仿唐代的日本古建筑完好無損的保存至今,以至現在來過日本的中國人會說“如果想看唐代的中國可以去日本”。日本在各方面雖然深受唐代文化影響,但通過與自身的融合,成功地塑造出自己獨特的文化。正因為有了這些文化融合的經驗,所以在江戶時代后期開始引進西洋文化的過程當中,日本能夠迅速接受西洋文化,取得飛躍性的成長進入近代化。




北宋針灸銅人(明英宗正統八年重新鑄造),現存于北京的中國國家博物館。


再回到醫學話題。隨著遣唐使等的交流,醫學作為國家必需的技術知識被積極的引入日本。當時中日醫學水平差距很大,和各種各樣的藥物一起中國的醫學書籍也大量進到日本。從這時起,日本的醫療制度逐漸完善,開始培養越來越多的醫師,日本的醫學開始生根。


什么是日本獨自的“漢方醫學”?


傳入日本的中醫學,鑒于當時日本的實際情況,在藥物的采購和栽培、醫生的培養、制度的制定等醫療領域方面面臨的問題堆積如山。但是,如果短時間內拿不出成果的話,就得不到國家在經濟上的援助,因此,日本醫學界產生了片面追求速效性的傾向。這和現在西洋醫學通用的對癥療法相似,即“頭痛醫頭,胃痛醫胃”。因為馬上就能解除患者的痛苦,所以這種療法在當時取得了很顯著的成果。但是,中醫學是探究為什么會頭痛的學問,是被稱為“辨證論治”的診療方法,其精髓就在于針對患者狀況進行不同治療的方法論。這里所謂的狀況是指以患者目前的癥狀為基礎,還包括體質、心理狀態和生活環境等。


也就是說,頭痛時有多種原因,可能是因為感冒、也可能是高血壓或是頭部長出什么異物。在針對如上的頭痛癥狀治療時,中醫學并不是都用相同的處方藥或針灸相同的穴位,而西洋醫學則是使用相同的頭痛藥來緩和癥狀。但是用止痛藥所止的疼痛就不會再發作了嗎?如果不改變體質、杜絕根本原因,疼痛還會再復發。能夠做到根治的就是中醫學。


與過于專注細微部分的西洋醫學所不同。東洋醫學更加注重“與自然共生存”的價值觀。所以,培養一位東洋醫生,就必須接受東洋醫學所要求的科學知識,而將這些知識變為自己的常識,則需要相當長的時間。另外,醫學總是日新月異不斷的在進步,再加上從中國源源不斷傳入的最新的醫學知識也沒有充分的時間來加以研究和吸收,導致在日本編撰醫學書籍的時候,只能單純的引用中國的文獻。但反過來從文化保存的角度來看,很多當時中國的傳統醫學文獻反而被完整的保存了下來,并對后來中國散佚的醫書的復原工作起到了重要作用。



【黨參/黨參】


中草藥的黨參是桔梗科藤本植物黨參的根,有補中益氣、生津等功能。是中醫自古使用的草藥。


日本迎來了江戶時代,沒有大的戰爭社會也和平安定,而且因為鎖國醫學方面也沒有大的變動。因此,日本醫學也迎來了一個重新認識自我的時機,開始嘗試從“對癥療法”的醫學向中醫學原本的“辨證論治”的轉換。但是無時無地不存在的政治派系斗爭,讓“辯證論治”難以成為當時政府認同的主流醫學。隨著日本進入明治時代,社會的歐美化導致西洋醫學成為日本的主流,而漢方醫學卻后繼無人。昭和末期,以“漢方醫學是治病救人的醫學”為常識的那一時代的人也大都去世,真正日本傳統醫學的傳承斷裂了。雖然在針灸方面略有繼承,但是說傳承完全斷裂也不是妄言。現在日本醫學界進入了自學復活漢方的時代,其中也有像我這樣到中國留學,直接學習中醫學的人。真正意義上的日本傳統醫學的復興與發展現在才剛剛開始。


日本漢方的課題


令人遺憾的是,現在日本的漢方界中能夠理解“辨證論治”,為患者診治的醫生還為數不多。即便能夠開中藥醫方,但不能夠洞察患者的真正病情從根本上消除病患的話,也只是和西洋醫學類似而已。但是造成這樣狀況也是無可奈何的事情,因為目前在日本能真正學習到東洋醫學的學校還太少。




【白術/白朮】


《神農本草經》中以“術”之名收錄在上品草藥中。文曰:“味苦溫。主風寒濕痹死肌,痙疸,止汗,除熱,消食,作煎餌。久服輕身延年,不饑。


在此,我們應該再回歸到東洋醫學的原點,更加深刻的去理解先人所積累下來的醫學智慧,再次探討人與自然的關系。同時重新探索未來醫學發展的道路。


まず、東洋醫學で言う「東洋」とはアジア全般を指し、ヨーロッパとの區別として使われる言葉である。故に「東洋醫學」とは、アジア全般の伝統醫學を指している。そのアジア各地の伝統醫學に多大なる影響を與えたのが中國であり、「中醫學」である。中醫學はもともと「中國伝統醫學」と呼ばれていた。つまり、ヨーロッパが育んだ西洋醫學との対比で生まれた言葉である。大航海時代に西洋文化は東洋に大きなうねりとして本格的に入ってきたが、西洋では東洋にそれほど高度な文化があるとは考えられていなかった。それ故、アジアと呼ばれる東洋をひとまとめに考えていた。しかし、西洋から見たアジアのその先に中國という別格の文化を持つ國が存在していた。そこで生まれた文化は周りの國に大きな影響を與え、國そのもの統治のあり方にまで影響した。國を統治するにあたり、當然のように醫療制度や醫療そのものも浸透していった。


では、「漢方醫學」とは何か。日本では日本の伝統醫學のことを漢方醫學という。厳密には薬物を処方する伝統醫療を「漢方醫學」、鍼や灸を用いる治療を「鍼灸醫學」という。実はこの言葉の歴史は非常に短く、江戸時代末期から明治時代において使われ始めた。この言葉は、江戸末期から本格的に入ってきた西洋醫學、當時はオランダ醫學が入ってきたので「蘭方」との対比で「漢方」という言葉が當てられた。ただ、どこでどのように「漢方」になったのかは、さまざまな見解がありその真相はわかっていない。ここでいう「漢」は中國を、それも漢の時代を指している。これは日本の東洋醫學が漢の時代に書かれた書物『傷寒論』や『黃帝內経』などを基礎にして作り上げられたことに由來し、同時に敬意も込めている。特に『傷寒論』は日本では経典中の経典として尊ばれている。


中醫學の伝播


日本と中國の交流の歴史は、文獻に殘っているだけでも後漢末期の三國時代までさかのぼることができ、実に1800年前から始まっている。その時期の中國が周辺の國への影響力を誇ったのに対し、日本はまだまだ國としての機能もおぼつかない狀態だったので、本格的な交流はそれから400年以上のちの話になる。その時代でも日本は中國から一方的に學ぶ立場であり、主に國家制度を學びに行った。當然、そこには科學や技術も含まれていた。これが世にいう遣隋使?遣唐使であり、隋や唐の時代の中國は日本の建國に大きな影響を與えた。そして、唐代を模した日本の古い建築物の多くが、今に至るまで損なわれることなく保存されている。現在、日本に來た中國人が「唐の時代を見たければ日本に行けばいい」と語るのはここに起因する。日本は各方面に唐代の文化の影響を受けながら、自分たちに合うように文化をアレンジし、獨自の文化に昇華させることに成功した。こうした文化融合の経験のおかげで、西洋文化が入ってきた江戸時代後期には、いち早く西洋文化を日本文化として取り入れ、飛躍的な成長によって近代化を成し遂げた。


話を醫學に戻すが、遣唐使などの交流が進むにつれて、醫學は國家にとってなくてはならない技術として積極的に輸入された。當時は醫學レベルの差が非常に大きかったため、さまざまな薬物とともに中國の醫學書が大量に入ってきた。そして、そこから醫療制度を整備し、多くの醫師を育成し、日本の醫學として根付かせていくこととなる。


日本獨自の醫學「漢方醫學」とは?


このようにして輸入された中醫學だが、當時の日本の狀況を鑑みると、醫療における薬の調達や栽培、醫師の育成、制度の制定と課題は山積みだった。しかしながら結果が伴わなければ國からの支援は受けられない。そのため日本の醫學界には即効性を求める傾向が生まれてしまった。これは現在の西洋醫學に通じる対処療法である。即ち「頭が痛ければ頭を治療し、胃が痛ければ胃を治療する」といった手法である。患者のその場の苦しみが取り除けるので、治療としては素晴らしい成果となる。しかし、中醫學はなぜ頭痛になったのかを探求する學問である。「弁証論治」と呼ばれる治療法で、患者の狀況に合わせた処方をする方法論がその神髄にある。ここでいう狀況とは、患者の現在の癥狀はもとより、體質や心理狀態、生活環境などを指す。


つまり、頭痛になるにはさまざまな原因が存在している。風邪を引いたのかもしれないし、高血圧なのかもしれないし、頭部になにか異物ができているのかもしれない。これらの治療に東洋醫學ではどれも同じ漢方やツボを使うわけではない。だが、西洋醫學では同じ頭痛薬で緩和できてしまう。果たして、頭痛薬で止めた痛みは本當にもう起きないのか。いや體質を変えて根本原因を絶たない限り再発する。それを治すのが中醫學である。


より小さく、より細かく分析していく西洋醫學と違って、東洋醫學は「自然と一體になり生きていく」という価値観から始まっている。そのため、1人の醫者を育成するには、東洋醫學が求める科學知識を身につけさせなければならず、それらの知識が本人の常識になるまでには長い時間を要する。また、醫學は絶えず発展を続ける。それ故に中國からひっきりなしに入ってくる新しい知識に対し、研究し吸収する時間が取れず、日本で醫學書を編さんするにあたっては、単純に中國の文獻を引用するしかなかった。ただ、文化の保存の面からみると、當時の中國の伝統醫學の文獻が日本で數多く保存され、中國で散逸した醫學書をのちに復元するのに大いに役立った。


日本は江戸時代を迎え、大きな戦爭がなくなり、社會は平和で安定した。しかも鎖國により醫學にも大きな変化がなくなった。日本の醫學界には自分たちを見直す時間が到來し、「対処療法」的な醫學から中醫學本來の「弁証論治」に移行する試みも行われた。しかし、いつの時代にもある派閥爭いが激しく、政府御用達の主流の醫學になるのは難しかった。そうこうしているうちに、明治時代に入り、社會は歐米化し西洋醫學が日本の醫學の本流になっていった。そのため漢方醫學は継承者がほとんどいなくなった。昭和末期には「漢方醫學は病を治し人を救う醫學である」ことを常識としていた時代の人たちは皆他界してしまい、本當の日本伝統醫學の伝承は斷たれた。鍼灸界などでかろうじて継承されてはいるものの、完全に切れたといっても過言ではない。そして今、日本の醫學界は獨學で漢方を復活させる時代となっている。私のように中國に留學して直接中醫學を學ぶ者も出てきた。本當の意味での日本の伝統醫學の復興や発展はこれからだといえる。

總頁數:1  第  1    頁 

上一篇:淺談中醫學的治未病學說   下一篇:五音が通じる五臓
【刷新頁面】【加入收藏】【打印此文】 【關閉窗口】
 
本草音樂? - 音藥 - 以音為藥,藥治入心 - 【中國音藥生命科學研究院】 ? 2005-2016 版權所有 粵ICP備12006528號-1
郵件:[email protected] 電話:+86 0755-25115581 13570880178 18926764561 傳真:+86 400-998-2581 地址:深圳市寶安區福永興益路鳳凰花苑
 
法甲看哪个公司的赔率